「住まい」の町医者 タイホウ建設

職人紹介
「素晴らしき匠たち」

|タイホウ建設の職人スタッフ紹介

タイホウ匠会の職人たちはよく「顔が違う!」とお声をいただきます。

家を造るために、たくさんの職種の職人が関わります。
家造り成功の決め手は、その現場を担当するひとりひとりの職人の誠実さと、お互いの信頼関係に基づくチームワークです。タイホウ匠会は一丸となって、お客様の安心と安全をご提供致します。
 
職人さんの画像をクリックすると紹介ページにリンクします。

屋根工事、板金工事 根本 正章さん

今のお仕事の内容についてあらためてお聞かせ下さい。
 今の板金業に就いたのは24才で、30才の時に独立しました。今年で早や18年目ですね。主に屋根の葺き替えや雨どいの交換、その他ひさしや建物の外部の工事が中心です。
 
どんなご苦労がありますか。
 私達板金屋は、屋根の上での仕事が多いのですが、夏はむちゃくちゃ暑いし、冬はむちゃくちゃ寒いです。特に最近の夏は暑い。30分ごとに水分を摂らないと熱中症にかかってしまう場合もあります。それでも、お客様から「これで安心して暮らすことができます。」と喜んでいただけたときには、そんな苦労もスーッと吹き飛んでしまいますね。
 屋根は普段は見えない所だけに、住む方が安心できなければ直す意味がないわけですから。
 
そうですよね。当社のお客様でも、特に最近は雨漏りで困っている方が多いように思います。
 屋根は、15年から20年位したら、外壁と一緒に塗装するか、できれば新しく葺き替えた方がいいんです。一度雨漏りがしてしまうと、予想以上に大掛かりな工事になってしまうこともありますので、お早目のメンテナンスを是非お勧めしたいですね。
これは商売っ気抜きで・・・(笑)
見えない所だけに、そういう思わぬご苦労もあるでしょうね。
 はい。屋根材の下地の木の部分も自分で直さなければならないこともよくあります。また、狭小住宅で路地の奥に建っている場合などは、材料を加工する場所もなくて苦労します。
それでも、もっと複雑な屋根に挑戦したいという気持ちもあるんですよ。
 
お休みの日はどう過ごされているのですか。
 家内がダイビングのインストラクターをやっているので、月に一度は家族で伊豆まで潜りに行きます。日曜日は4才になる息子と公園でサッカーをして、半分ストレス解消しています。(笑)
 
タイホウ建設について何か一言を。
 アットホームな会社で、感じの良い方ばかりですが、連絡のミスがたまにあるので、それがなくなればもっと良くなると思います。
 
はい!十分気を付けます。
根本さんも、屋根の上のお仕事、安全第一でこれからもよろしくお願いします。
(聞き手 タイホウ建設 八木昭江)

*************************************************************************************

大工 柴田誠さん

ベテラン大工の柴田さんですが、子供の頃はサッカー少年で、将来は一流のサッカー選手を夢見ていたそうです。おじさんが大工さんだったことも影響して、この仕事を 20歳から始められました。建築は奥が深く色々な本も読んで勉強されました。「日本の建築は世界一」だとおっしゃる柴田さん。お客様に対しては、知識と経験を活かして、扉の開け方一つでも、使いやすいようにきちんと説明をして、取り付けてくれます。
 
「安くて、使い勝手の良い家を造り、お客様が喜んでくれることが一番です。」と。
仕事が好きで、どんな現場でも苦労だと思わない、かえって難しい現場の方が張り合いが出て楽しいそうです。
 
座右の銘などあればとお聞きすると・・・
「人生前向き」という答えがありました。
「終わってしまったことを後悔するより、これからのことに全力を注ぐようにしたい。死ぬ一秒前まで仕事をしていたい。一生を大工で終わらせたい。」
 とても仕事熱心で、大工さんという仕事が大好きなんだと感じました。
趣味はゴルフとギター。ゴルフの腕前は、アベレージが 88。年に 24回ほどコースに出られるとのこと。「大工の腕ほどではないですが・・・・(笑)」と照れ笑いをしていらっしゃいました。
 
ギターは、フォーク、エレキ、クラッシックと 3種類のギターを使いわけ、学生時代からのあこがれの、ビートルズやベンチャーズを聴いているそうです。是非、今度聴かせてくださいね。
最後に、「太豊建設についての印象は?」という質問に・・・「社長、スタッフ一同とても仕事熱心で、心が温かい愛ある会社だと思います。」と答えていただきました。これからも、ビールの飲みすぎには気をつけてくださいね。
   (聞き手 八木 昭江)

*************************************************************************************

クロス職人 佐藤勝司さん(65歳) 佐藤崇さん(30歳)

内装クロス工事を担当している佐藤さん親子。もともと会社員を 20年やっていた佐藤さん。友人が内装業を独立してやることになり、その時、誘われてこの道に入ったそうです。最近はめっきりたくましくなったと評判の崇さんも、お父さんの手伝いから始めてすでに7年近く。もうりっぱな職人さんです。仕事をしていて嬉しいことは?の質問に「きれいになったね・・・とお客さんに言われる時ですかね」と照れ笑いの佐藤さん(父)。人柄もさることながら、大手建設会社の大きな現場も長く経験されていて、仕事の段取りの良さと丁寧さは誰もが認めるところ。崇さんも「丁寧な仕事をすることを大事にしています」とお父さんゆずりな面をのぞかせる。
お二人とも趣味は釣りだそうです。「たまには一緒に行くんですか?」の問いに、「いやー別々ですよ」と休みは別行動とのこと。それが一緒にうまく仕事をやる秘訣かもしれません。
そろそろ崇さんもお年頃?お嫁さんのこともお父さんは気になるようで、「誰かいないですかね」
仕事では師匠と弟子ですが、やはり父親としては心配なようです。太豊建設についてお尋ねすると、「みんな優しくて親切で、仕事はやりやすいですよ。職人さん同士のコミュニケーションもとれていますし。ただ、現場では細かい指示をもっと出して欲しい。ちょっとしたことが時間のロスになりますからね」と仕事には厳しい佐藤さんらしい言葉も。これからも優しく、厳しく、お願いいたします。
(聞き手 太豊建設 お客様相談室 八木昭江) 

*************************************************************************************

サッシ職人 小田川トーヨー住器 出川逸樹さん

サッシ関連の工事を担当している出川さんはご実家が大田区の羽田でガラス屋さんをやっていた関係で、自然にこの仕事を選んだ。小田川トーヨー住器さんに入社されて21年目の大ベテラン。仕事で心がけている点は「今与えられた仕事を完璧に仕上げる。」そのためには、事前の段取り、下調べを入念に行うようにしている。お客様から「イメージ通りです!」と喜んでいただけるのが、一番のやりがいだそうだ。
 
性格上、「出来ません」と言うのが嫌いで、サッシ  以外のことでも、お客様から相談を受けたら、できるだけ対応している。お部屋の状態や暮らし方も様々なお客様に対して「基本的にどんなお客様にも対応したい。お客様に対して好き嫌いは言ってはいけないし、仕事の大小での区別もしたくありません。色々なタイプのお客様との対話を通して私自身が成長できたんだと思っています。」と熱く語る出川さん                   
 
小田川トーヨー住器さんには当社のイベントを強力にバックアップしていただいている。   
「私どもの仕事は工務店様から依頼を受けて行っています。ですから、地域の工務店様がイベントを通じて、その地域に積極的に働きかけ、少しずつでも仕事に結び付いていただけたら私達も助かるわけです。ところが、ただ仕事を待っているだけで、次第にお客様から声がかからなくなってきている工務店様も少なくありません。タイホウさんは以前から積極的に色々なイベントを継続されているので、地域の皆様にとっても大変いいことだと思いますよ。」とお褒めの言葉も。
当社として改善した方が良いと思われる点は?という質問には・・・「いや~、タイホウさんのことを全部わかっているわけではないので。
ただ、現場の管理がしっかりしているなということと、地域での営業活動がきめ細かく、次第に広がってきているように感じます。変えずに頑張っていただきたいと思います。」と。
最後に今話題の「住宅エコポイント制度」について伺うと・・・「住宅エコポイント制度はまだ予算の枠が十分ありますし、大変有利ですので騒音や結露などでお悩みの方は是非この機会に二重サッシの設置をお勧めします。トステムの「インプラス」という商品です。宣伝で申し訳ありません」と照れ笑いの出川さん。
趣味は羽田出身らしく「御神輿」。仕事のことは忘れて今年も担いだそうです。
   (聞き手 太豊建設 お客様相談室 八木昭江)

*************************************************************************************

(有)三美塗装 佐竹 数馬 さん ( 35歳 )

地元品川出身の佐竹さんは、同じ塗装会社でお仕事をされているお父様の後を継いで塗装の仕事に就き、既に 15年以上になります。「仕事してきて、辛いと思ったことはないです。」と、人柄、朗らかです。
大事にしているのは誠実さ。「仕事は、ちゃんと出来て当たり前なので、お客様の要望をしっかり受け止め、形にすることで、それ以上になるように努めています。」とも。
 
お父様と一緒に仕事をしていることについて、伺ってみると…
「仕事を初めた頃は、父から色々言われました。仕事そのものや、お客さまに対する対応など。でも、技術的な事は、見て覚えろって感じです。良いのは一緒に仕事が出来ること、悪いところは、親子だけに言い過ぎてしまうことです。」 そんな時も最近では、お父様のほうが折れてくれることが多くなったとか。それは、佐竹さんが一人前として認めてもらえているからですね。
店舗の仕事など凝った造りの仕事が、していて楽しいそうです。「これからも、店舗はやっていきたい仕事です。デザイン性のある仕事が、もっとしてみたいですね。」
 
そんな彼は、写真を見るのも撮るのも好きで、ふらっと写真展を一人で見に行ったり、旅先で人物を撮ったりするそうです。「美術館も好きなんですよ。写真家ならサルガド。」と、さらっと紹介してくれました。
太豊建設の印象は?の質問にも、「デザインの方向性が良いと、いつも思っています。」の答え。いかにもアート好きな彼らしい視点で返してくれました。
 
印象的だったのは、「仕事が好きです」と、きっぱり話してくれたこと。作り上げ、結果の残せる仕事に誇りを持っているだけでなく、楽しんでいるようにも感じました。 (聞き手:眞水さと子)

*************************************************************************************

大 工   林 雅之さん (37歳)

大学時代、現在の奥様のご実家が工務店だった事から、大工の仕事を手伝うようになり、この世界に入ったという林さん。
始めての手伝いで上棟(建前)を見たときには、一日にして家の形が出来上がってしまうことに、衝撃をうけたそうです。
 子供の頃から手仕事が好きで、まだ小学校にも上がらない頃、漁師をしていたお祖父さまのところへ遊びにいっては、浜で流木を拾い、日曜大工の道具で、何を作るでもなく黙々と組み立てていたそう。 根っからの職人さんの気質なのですね。
 
そんな林さんが仕事をするうえで大切にしていることは、何よりも、お客様の使い勝手の良いものを作ること。細かな事でも、お客様と相談して進めているのだそうです。「お客様のありがとうの言葉が、嬉しいです…単純ですが」と。
また、「見えなくなるところも気を抜かずに作業することで、次の作業もスムーズに進められ、結果、仕上がりの綺麗さにつながると思っています」とも、独特のソフトな口調で、語ってくださいました。
最後に、太豊建設の印象も伺いました。「会社の中が、下町的。とても温かさを感じています。」「現場の雰囲気も良く、他の職人さんとも、楽しく仕事しています。」とのこと。
写真の通りのイケメンさんで、いつも物静かな林さんですが、仕事に対する真摯で熱い思いが伝わってきました。 (眞水さと子)

*************************************************************************************

タイル職人 近藤タイル 近藤良雄さん

中学生の時、タイル職人だった叔父の下でアルバイトをして「おもしろい!」と思ったのがきっかけ。夜間学校に通いながら、4年間の修行の末、20才で独立した。若い頃は現場が楽しくて、3日も寝ずに仕事をしたり、難題に直面するたびに職人としての心が燃えたという。
「誰に見られても恥ずかしくない仕事をしたい」という一念で、常に自分自身の基準を設定し、何があっても必ずそれ以上の仕事をすると決めている。「予算が少ないからと言って手抜きをする職人も多いけど、『安かろう悪かろう』は絶対に嫌だし、お金のことばかり考えて仕事してたら楽しくないでしょう?」
新築よりも在宅リフォームの方が好きという近藤さん。きれいに仕上がったときの喜び以上にお客様との交流が楽しいと言う。この道40年の匠の技術もさることながら、その人柄が好かれている。お客様と親しくなっても直接仕事を受けることはせず、必ず工務店を通してもらうと言う。「工務店の役割は、もし、お客様に満足していただけなかったら、職人を取り替えてでも、何をしてでも、お客様に満足していただけるまで何度でも直させることなんですよ。目先の利益だけで『何でもあり』にしたら秩序が乱れちゃうでしょ。」と言う。
「タイホウ匠会は最高ですよ!太豊建設の皆さんも職人もみんな一つになってアットホームな雰囲気で、古き良き時代そのままです。」いつもは冗談を言って笑わせてくれる近藤さんですが、本当は匠の心を大切にする超マジメ人間なんですネ。                    (金久保)
 
 

*************************************************************************************

塗装職人 (株)加増 飯田孝男さん

きっかけは、義兄が塗装職人だったからという飯田さん。36年間、「今、自分ができるベストな仕事はこれ」と、塗装業一筋に歩んできた。
若い頃は、ゼネコンが元請けの大型建築現場、いわゆる野丁場(のちょうば)が多く、職人は皆、荒々しかった。必死で先輩について行った。そのころ鍛えられたことが良い経験になっている。「なんでも経験。苦労も自分のためと思えば苦にならないよ。」
難しい仕事ほど、きれいに仕上がったときは嬉しいと言う。内装の施工は、お客様が毎日目にしてずっとそこで生活するわけだから、少しでも納得できないところがあってはいけない。特に木は生き物なので、変色したり腐ったりする。お客様の仕上がりのイメージ、ご要望を聞き、現場で素材をよく観て、どのような材料でどうように施工するかを判断する。これがとても難しいのだが、長年の経験で、失敗することはまず無いと言う。難しい仕事ほど飯田さんに回ってくるし、腕の見せ所なのである。「タイホウさんにも『お任せします』って言われちゃうんだよね。」
奥様が腕を骨折したときは、家事を全てこなし、特に料理は自他共に認める腕前で、ご近所の旦那さん同士で情報交換もしているそうだ。
飯田さんのモットーは、「丁寧に、親切に」。もともと、仕事は丁寧な飯田さんだが、特に最近は個人宅の仕事が増え、お客様に対してはもちろん、監督や仕事仲間、誰に対しても親切に接することを心がけている。これぞ、タイホウ匠会の精神ですね!              (金久保)
 

*************************************************************************************

木製建具職人 (株)太明 蓮見修さん

お父様が建具職人だったという蓮見さんは、 17歳からその道一筋。以前は、マンションなど大型ビルの現場が多かったが、ここ数年、一般住宅の仕事をするようになり、お客様の喜ぶ顔を直接見られることがうれしいと言う。
 若い頃、「完成したドアに紙一枚はさんで、ストンと落ちたらやり直し。」と鍛えられてきた。特に、リフォームの場合は、枠に曲がりや癖がでてきているので、それに合わせて加工し、ピッタリ収めなければならないのだと言う。
 蓮見さんのこだわりは、取付の際に現場で時間をかけないこと。そのために、下見を2度行い、細かいことも見逃さずチェックをし、会社の作業場で完璧に仕上げる。その分、お客様のお宅で余分な時間をかけなくて済むし、仕事の精度も増す。
最近は、規格もののユニット建具が主流となってきている。カタログもきれいで選びやすいし、施工も簡単。「でも、昔ながらの木製建具は、木のぬくもりややすらぎを与えてくれます。それに、お客様一人一人のご要望をきめ細かく実現できます。『我が家だけのオリジナル』ですし、お客様の満足度が全く違いますね。ただ、オーダーものはカタログもないし、木の匂いや手触りを言葉でお伝えして分かっていただくのは、とても難しいんですよねぇ。」と語る。
家では、小学生のお嬢さんのために、自然素材、自然塗料のおもちゃ箱を作ってあげる優しいお父さん。蓮見さんのお話を伺い、自然素材と手作りの良さを一人でも多くの人にお伝えして、よりお客様にご満足いただける住まいづくりのお手伝いができれば・・・と思いました。 (金久保)

*************************************************************************************

ユニットバス施工 給排水設備 ()ユニロード 村上元崇さん

自動車メーカーのサービスマンから 20年前、建築業界に転身した村上さん。現在、機動力が評判の若手社員 10名をかかえる社長さんだ。小柄で身軽、フットワークのよい村上さんの信条は、「常に一生懸命、今できる最大限のことをやる」。そういう気持ちが、村上さんのフィールドを給排水設備に留まらず、他種の雑工事、解体、産廃処理にまで広げている。
 
お客様への気遣いはきめ細かく、何よりも会話を大事にしている。工事の説明はもちろんのこと、話題はお客様の暮らしぶりや趣味の話などにも及ぶ。会話を通して、お客様の気持ちを少しでも深く理解し、お客様の思いと同じ方向に向かって仕事をしたい。プロとしてのアドバイスや施工は当然のことだが、まず、お客様の悩みや心配を取り除くことが第一だのだと語る。
 
そんな村上さんは、常に謙虚で前向き。「タイホウ匠会には生きた教材がいっぱい。良いところは、どんどんマネしたい。」と目を輝かせる。「これからは地域密着の時代。自分の生活している社会で仕事ができれば最高ですよ。地域に貢献できて、地域から返していただけることができれば、何よりの幸せです。地域密着を行っているタイホウさんは、正に私のお手本なんです。」
 
最近では、次代を担う若手社員の育成を考えている。単に技術だけでなく、地域の中での仕事の仕方、生き方を教えていくことが自分の使命だと言う。いつも冗談を言って、私たちを明るく和ませてくれる村上さんだが、この日は、真剣に語ってくれた。 ありがとうございました。  (金久保)
 

*************************************************************************************

給排水 アクア設備 杉山弘さん 和志さん

親子で水道設備の仕事に携わっている杉山さん。父の弘さんは、長年、ビルなどの現場監督をしていたので、大きな現場に強く、他の職方の仕事も熟知している。一方、息子の和志さんは、町場の水道屋さんで修行を積み、器具取付や修理に強い。「しょっちゅう喧嘩してますよ。でも、やっぱり、親子はいいですよ。言いたいこと言えますし。」と、口を揃えて言う。
 
「現場はきれいに。道具を散らかさない。」と、厳しく言われてきた和志さんは、現場に行くときは必ず新しい雑巾を用意し、現場を汚さないよう道具の置き場にも気をつける。
 
杉山さんのモットーは、「シンプルで美しく」。真っ直ぐで無駄のない配管は見た目に美しいだけでなく、水漏れなどの故障も少ない。杉山さんは、床下など、出来上がったら塞がれて見えなくなってしまうところこそ、きれいにしなくてはならないと言う。「水漏れは本当に怖い。だから、きちっとした仕事をする責任があるんです。」そのために、お客様に対しても、他の職人さんに対しても工事前、工事中の確認を徹底して行う。 
時には床下に潜って泥だらけになったり、びしょ濡れになったりする大変な仕事だが、「この仕事は本当に楽しいんですよ」と言う杉山さん。一番うれしいときは、全ての工事が無事に終わり、試運転の時。
 
「タイホウさんの現場では、お客様が安心してくれています。」また、「一人一人の職人が向上心を持ち続けるために、タイホウ匠会は欠かせない存在ですね。匠会の総合力で、一層良い仕事をしていきたいです。」と力強く語ってくれた。
 
 

*************************************************************************************

ACCESS

西大井ショールーム
 〒142-0043 東京都品川区二葉3丁目3-10
 

CONTACT

ご相談、ご質問等がありましたら
お気軽にこちらからお問い合わせください。